消費者金融との契約時には身分証明書が必要

消費者金融との契約時には、本人の身分証明が必要です。運転免許証やパスポートや保険証が有効になっています。現在の住まいの住所が掲載されていることが必要です。消費者金融からお金を借りたい方は、申し込みが必要になります。業者のホームページ上のWEB上からの申込みや、電話での申し込みが出来る様になっています。

申し込みを行うと、申し込み時の個人情報を利用して審査が行われます。審査では信用情報機関の情報が開示されて、審査基準と照合して審査を行います。審査に通った方は審査結果の連絡が行きます。審査に通った方は業者との契約が必要になります。インターネットでの申込の場合は、WEB上の契約事項を承認することになります。

そしての身分証明の提出も必要になります。免許証等を携帯で撮影して、指定されたメールアドレスへメールに添えて送ることが出来ます。その他にはFAX等で送ることが可能な業者もあります。電話での申し込みの方は、店頭や無人契約機での契約がオススメです。契約に行くと契約書を説明してもらい、身分証明の提出が必要です。

免許証等を提出して、コピーをして提出することになります。契約を終えると振込キャッシングやキャッシングカードでのキャッシングが、利用できるようになります。お店のATMやコンビニなどでのキャッシングや返済が可能になります。申し込みをする時には、申し込みからキャッシングまでの手順の確認も大変に重要になります。

参照サイト・・・キャッシング即日融資ガイド

消費者金融の在籍確認(派遣)はどうなってるのか?

消費者金融でお金を借りる際に、実際に働いているかを確認するために、勤務先に電話をかけてくることがあります。大抵はクレジット会社の名前を出すのではなく、個人名を名乗って、お金を借りた方の名前を言って、呼び出しすることが多いのです。その際に、もし本人がおれば、電話を替わった時に、クレジット会社名を名乗って、在籍確認ですと言われます。

もし外出中なので、席にいない場合には、代わりの方が電話に出ると思いますが、その方が、外出していることを伝えて、折り返し電話を掛けるべきかどうかきいてくれますので、その際にクレジット会社は、その会社名を名乗らずに、電話を切ります。これでも第三者が在籍をしていることを証明したことになるので、在籍確認したことになるのです。

さてこれが派遣会社に登録して、その会社経由で働いている場合にはどのようになるのでしょうか。この場合は派遣登録している会社に連絡が入ります。その際に通常の会社のように対応することもありますが、最近では個人情報の観点から、その場で回答せずに、在籍証明書を発行するなどの対応を行う派遣会社が出てきています。

もちろんその対応でもいいのですが、登録する際にクレジット会社から在籍確認が入るかもしれないということは伝えておいたほうがよいでしょう。これであれば、電話がかかってきた時に、スムーズに対応してくれますし、希望すれば在籍証明書を出してくれる会社も存在しますので、事前に入手しておいて、クレジット会社に提示するのも良い方法です。

関連記事